Recruit

リクルートID・dアカウント連携規約

第1条 本規約の目的

リクルートID・dアカウント連携規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社リクルート(以下「リクルート」といいます。)および株式会社NTTドコモ(以下「ドコモ」といい、リクルートおよびドコモを総称して「当社ら」といいます。)が提供するポイント連携サービス(以下「本サービス」といいます。)に関する事項を定めるものです。

第2条 適用

  1. 本規約は、リクルートが別途定める「リクルートID規約」およびドコモが別途定める「ドコモ規約」(いずれも次条に定義します。)に同意したうえで「ID連携」(次条に定義します。)を実施済みのお客様(以下「ユーザー」といいます。)に適用されます。
  2. 本規約とリクルートID規約またはドコモ規約の内容が矛盾抵触する場合には、当該矛盾抵触する事項に関しては本規約が優先して適用されます。本規約に定めがないものの、リクルートID規約またはドコモ規約に定めがある事項については、リクルートID規約またはドコモ規約の規定が適用されます。

第3条 定義

  1. 「リクルートID」とは、リクルートID規約の定めに基づきリクルートが自らのお客様に発行するアカウント(以下「リクルートアカウント」といいます。)のIDをいいます。
  2. リクルートID規約」とは、リクルートIDの利用等のサービスを利用するお客様に適用される規約をいいます。
  3. 「リクルートIDサービス」とは、リクルートがリクルートID規約その他個別のサービス規約に基づき提供するリクルート所定のユーザー向けサービスをいいます。
  4. 「メインポイント」とは、ユーザーの選択に応じて決定され、リクルートIDサービスの利用に対して付与されるポイントの種別をいいます。
  5. 「リクルートポイント」とは、リクルートが発行する独自ポイントをいい、その利用条件等をリクルートが別途定めるものをいいます。
  6. 「ⅾアカウントID」とは、ドコモが別途定める「ⅾアカウント規約」(以下「ⅾアカウント規約」といいます。)の定めに基づきドコモが自らのお客様に発行するアカウント(以下「ⅾアカウント」といいます。)のIDをいいます。
  7. 「ドコモ規約」とは、ⅾアカウントIDの利用および共通ⅾポイントの利用等のサービスを利用するお客様に適用されるドコモ所定の規約(「dアカウント規約」、「dポイントクラブ会員規約」、および「dポイントクラブ特約」)の総称をいいます。
  8. 「共通ⅾポイント」とは、ドコモが別途定める「ⅾポイントクラブ特約」(以下「ⅾポイントクラブ特約」といいます。)において定義する「共通ポイント」を指すものとし、ドコモが別途定める「ⅾポイントクラブ会員規約」(以下「ⅾポイントクラブ会員規約」といいます。)の定めに基づき運営する会員制度(以下「dポイントクラブ」といいます。)において「dポイント」の名称で発行するポイント(以下「dポイント」といいます。)のうち、ⅾポイントクラブ会員規約に定めるdポイントの利用用途に加え、ⅾポイントクラブ特約において定義する「dポイント加盟店等」(以下「dポイント加盟店等」といいます。)での決済等に利用できるものをいいます。
  9. 「ⅾポイントカード」とは、ⅾポイントクラブ特約において定義する「dポイントカード」を指すものとし、ⅾポイントクラブ特約に基づき発行する、dポイント加盟店等において共通ⅾポイントの利用等のサービスを利用するために必要となるカードをいいます。
  10. 「モバイルⅾポイントカード」とは、ⅾポイントクラブ特約において定義する「モバイルdポイントカード」を指すものとし、dポイントカードの機能を有するアプリケーション又は非接触型 ICチップの総称をいいます。
  11. 「ⅾポイントカード番号」とは、ⅾポイントクラブ特約において定義する「dポイントカード番号」を指すものとし、dポイントカードを発行したドコモまたは第三者が当該dポイントカードの識別のためにカードごとに割り当てた固有の番号をいいます。
  12. 「オンライン発行ⅾポイントカード番号」とは、ⅾポイントクラブ特約において定義する「オンライン発行ⅾポイントカード番号」を指すものとし、dポイントカード番号のうち、モバイルdポイントカードの識別のために割り当て、dポイントクラブサイト上又は当社が指定するアプリケーション上に表示することにより交付するものをいいます。
  13. 「dポイント特約会員」とは、ⅾポイントクラブ特約において定義する「特約会員」を指すものとし、ⅾポイントクラブ会員規約に同意のうえdポイントクラブに入会した者(以下「dポイントクラブ会員」といいます。)のうち、dポイントカードの発行を受け、ⅾポイントクラブ特約に同意し、ⅾポイントクラブ特約の定めに従いドコモの承認を得て共通ⅾポイントの利用等のサービスの提供を受ける者をいいます。
  14. 「dポイント共有グループ」とは、ⅾポイントクラブ会員規約において定義する「ポイント共有グループ」を指すものとし、複数のⅾポイントクラブ会員が、dポイントクラブ会員規約の定めに従い共有でdポイントを利用することができるグループをいいます。
  15. 「ID連携」とは、ⅾアカウントIDとリクルートIDを、ユーザーが本規約に同意したうえで当社ら所定の方法により連携(特定の一つのdアカウントIDおよびリクルートIDによりそれぞれ識別されるアカウントを、同一のユーザーに対して割当てられたものとして取り扱うことを指します。)する行為をいいます。なお、「ID連携」による連携の対象とすることができるdアカウントIDは、dポイント特約会員であるユーザーがdポイントクラブ特約において定義する「利用者情報登録」の実施時に申告したものに限ります。

第4条 本サービス

  1. ユーザーは、本サービスとして、以下に定める条件に基づき共通dポイントの付与を受け、利用、交換等をすることができます。

    (1) 共通dポイント付与を受けるための前提条件
    ユーザーは、本サービスにおいて共通dポイントの付与を受けるために、以下の条件を全て満たしている必要があります。
    1 ユーザーにおいて、リクルートが指定する方法でリクルートIDサービスに係るメインポイントとして共通dポイントを選択し終えていること
    2 リクルートID規約に従いリクルートIDサービスを利用していること
    3 当社らが別途指定するポイント付与対象の取引を行ったこと
    4 ドコモ規約およびリクルートID規約を遵守していること
    5 ID連携時に本サービスでユーザーが利用するdポイントカード又はモバイルⅾポイントカード(以下「指定dポイントカード」といいます。)として当社らが指定したdポイントカードが有効であること(共通dポイント付与時点で指定dポイントカードの機能が停止されている場合や、dポイント特約会員としての資格が失効している場合等、本サービスにおける共通dポイントの付与を受けることができないことがあります。)
     なお、当社らはID連携によりユーザーが自ら発行を受けているリクルートIDに連携したⅾアカウントIDに複数のdポイントカード番号が登録されている場合、その時点において最も新しく登録されたdポイントカード番号(ただし、最も新しく登録されたものがオンライン発行dポイントカード番号の場合、当該オンライン発行dポイントカード番号の直前に登録されたdポイントカード番号を指すものとします。)を指定dポイントカードのⅾポイントカード番号として指定します。

    (2) 本サービスにおける共通dポイントの付与および利用条件
    ユーザーは、リクルートIDサービスの利用実績に応じて共通dポイントの付与を受け、またリクルートIDサービスにおいてこれを利用することができます。詳細条件は以下からご確認いただけます。
    1 dポイントの一般的な付与条件、利用方法、有効期限、禁止事項:dポイントクラブ会員規約・dポイントクラブ特約dポイントクラブご利用ガイド
    2 リクルートIDサービスにおける共通dポイントの付与条件、利用方法、有効期限、禁止事項:リクルートID規約ポイント加算・利用条件一覧

    (3) リクルートポイントの共通dポイントへの交換
    ユーザーは、当社らが別途定める条件に従い、リクルートポイントを共通dポイントに交換することができます。

  2. ユーザーは、ID連携に際して、過去にリクルートから付与されたPontaポイント(以下「Pontaポイント(リクルート限定)」といいます。)を保有している場合、当社ら指定の方法に従い、当該Pontaポイント(リクルート限定)を、ユーザーの選択により、リクルートポイントまたは共通dポイントに交換することができます。

  3. ユーザーは、リクルートIDサービスのサービスサイトにおいて、ID連携実施中のⅾアカウントIDを登録しているdポイント特約会員としてのユーザーに対する共通ⅾポイントの付与および当該ユーザーによる共通dポイントの利用の履歴ならびに当該ユーザーが利用できる共通ⅾポイントの残高を確認することができます。

第5条 (本サービスの利用制限)

  1. ユーザーは、ID連携により、リクルートIDサービスで共通dポイントを前条に基づき利用できるようになりますが、ドコモにより指定dポイントカードでの共通ⅾポイントの利用が停止されている場合、dポイントクラブ特約に従い自らが設定した指定dポイントカードでの共通ⅾポイントの利用ポイント数の上限に達した場合、dポイント共有グループの代表会員(dポイントクラブ会員規約の定めに従いdポイント共有グループの形成に際して設定されたdポイントクラブ会員を指すものとし、以下同じとします。)が代表会員以外の者によるdポイントの利用を拒否する設定を実施している場合などドコモ規約の定めに基づき当該指定dポイントカードでの共通ⅾポイントの利用が制限される場合、本規約に基づくリクルートIDサービスにおける共通dポイントの利用等ができないことがあります。
  2. ユーザーは、当社らがリクルートID規約およびドコモ規約に基づきユーザーにおける共通dポイントの利用停止または付与済みの共通dポイントの全部もしくは一部の取消を行う場合があることを確認します。

第6条 (本契約の成立)

  1. 本サービスの利用を希望するお客様は、本規約の内容に同意のうえ、次条第1項に従って、当社らが指定するウェブページにおいて、リクルートアカウントでログインし、本規約に同意する旨のボタン(以下「同意ボタン」といいます。)を押下したうえで、dアカウントでもログインすることにより、本サービスの利用に関する契約(以下「本契約」といいます。)の申込みを行うものとします。当社らは、お客様が同意ボタンを押下したことをもって、お客様は本規約の内容に同意したものとみなします。なお、お客様が未成年者である場合は、本契約の申込み(本契約締結後の本サービスの利用に関する各種注文を含みます。)について法定代理人(親権者または未成年後見人)の事前の同意を得るものとします。
  2. 当社らは、お客様に対し、前項の申込みの内容に関する事実を確認するための書類の提示または提出を求める場合があり、お客様はこれに応じるものとします。
  3. 当社らは、以下の各号に掲げる事項のいずれかに該当すると当社らが判断したときは、当該お客様からの申込みを承諾しないことがあります。
    1 申込みの内容に不備があるとき。
    2 お客様が当社らに対する債務(当社らがその債権を第三者に譲渡した債務を含みます。以下同じとします。)の弁済を現に怠り、または怠るおそれがあるとき。
    3 お客様が過去に不正利用等により本契約の解除または本サービスの提供停止等の措置を受けたことがあるとき。
    4 当社らの業務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  4. 本契約は、当社らが第1項に基づく申込みを承諾し、ID連携が完了した旨を、次条第1項に定めるID連携完了画面を表示することによりお客様に通知した時点で当該お客様と当社らとの間において成立するものとします。

第7条 (ID連携と連携解除)

  1. お客様は、ID連携を行うことを希望する場合は、当社らが指定するウェブページにおいて、リクルートが提供するリクルートIDを用いた認証機能によりお客様のリクルートアカウントでログインし、同意ボタンを押下したうえで、ドコモが提供するdアカウントIDを用いた認証機能によりお客様のdアカウントでもログインするものとし、当社らによるID連携完了画面の表示をもってID連携が完了します。ID連携を行うことで利用できるサービス(本サービス)の内容は第4条に定める通りです。
  2. ユーザーは、当社らの指定するリクルートIDサービスのサービスサイト上のページから所定の手続きを完了すること、またはリクルート所定の方法によりリクルートに対してお申し出いただくことによって、ID連携をいつでも解除することができます。ID連携の解除が完了した日時をもって本契約は解約となり、ユーザーは本サービスにおいて共通dポイントの付与を受け、共通dポイントを利用し、またはリクルートポイントを共通dポイントへ交換等することはできなくなります。但し、ユーザーは、ID連携がなされている期間中に付与を受けた共通dポイントを、ID連携解除後もドコモ規約に基づき引き続き利用することが可能です。
  3. ID連携がなされている期間中に、ユーザーが、dポイントクラブからの退会、もしくは指定dポイントカードの無効化など、ドコモ規約に基づく共通dポイントの付与や利用ができない状態になった場合またはdアカウントIDの失効により本サービスが利用できなくなった場合であっても、当社らによってリクルートIDとdアカウントIDの連携の解除を行うことはなく、本契約も解約されません。この場合、ユーザーは、必要に応じて前項に定める方法により、自ら、ID連携の解除手続きを行い、本契約を解約するものとし、再び本サービスを利用することを希望する場合は、別途前条及び本条第1項の定めに従い再度ID連携を実施するものとします。

第8条 (個人情報の取扱い)

  1. ユーザーは、リクルートに対し、当社らが、本サービスを提供(本サービスを安定的に提供するために必要な保全や不正利用対策も含みます)するために、リクルートがドコモからユーザーに関する以下の①乃至⑥に定めるデータを受け取ることについて同意します。ドコモから受領した当該データのうち、ユーザーの個人情報については、リクルートの「プライバシーポリシー」に則って取扱います。リクルートによる本項に定めるデータの受領を停止するためには、前条第2項の定めに従いユーザーにおいてID連携の解除を行っていただく必要があります。
    1 共通dポイントの付与履歴(共通dポイントの付与対象となる取引が行われたdポイント加盟店等の情報を含みます。)
    2 共通dポイントの利用履歴(共通dポイントの利用対象となる取引が行われたdポイント加盟店等の情報を含みます。)
    3 保有共通dポイントの残高
    4 dポイントカード番号
    5 dポイントクラブ会員番号(ドコモがdポイントクラブ会員の識別のために会員ごとに割り当てた固有の番号を指すものとします。)
    6 Open ID(ⅾアカウントID毎かつdアカウントIDを用いた認証機能に対応したサービス毎にドコモが発行する特定の文字列を指すものとします。)
  2. リクルートがドコモに提供するデータについてはリクルートの「プライバシーポリシー」に則って取扱います。リクルートによる本項に定めるデータの提供を停止するためには、前条第2項の定めに従いユーザーにおいてID連携の解除を行っていただく必要があります。

第9条 (禁止事項)

ユーザーによるリクルートID規約で規定する「ID保有者の禁止事項」およびdアカウント規約で規定する「禁止事項」への違反は、本契約上の違反を構成するものとします。

第10条 (責任)

  1. 当社らが、本契約上の義務に違反したことによりユーザーに損害を与えた場合であっても、その責任の範囲は通常生ずべき損害(逸失利益等を除くものとします)に限られるものとします。また、本サービスの利用に関してユーザーに生じた損害(以下各号に定める損害を含みますが、これに限りません。)については、当社らは責任を負わないものとします。ただし、本契約または本サービスに関してユーザーに生じた損害が、当社らの故意または重大な過失に起因するものである場合は、本項に定める損害賠償額の上限や当社らの責任制限に係る規定は適用されません。
    1 本サービスの利用の際に行う、第三者が提供するコンテンツのダウンロード、および、第三者が管理・運営するリンク先サイトへのアクセス等の行為によりユーザーに生じた損害
    2 当社らが相当かつ合理的な安全策を講じたにもかかわらず、本サービスの無断改変、本サービスに関するデータへの不正アクセス、コンピューターウイルスの混入等の不正行為が行われ、これに起因してユーザーに生じた損害
    3 通信回線や、コンピューターその他の設備等の障害によるシステムまたはサービスの中断、遅滞、中止、データ消失、不正アクセスによりユーザーに生じた損害
  2. 当社らは、ユーザーが本サービスを利用した場合に、ユーザーと当社らの取引先その他の第三者との間に生じたトラブルについて、当社らに故意または過失がない限り一切責任を負わないものとし、ユーザーは自己の費用と責任で当該トラブルを解決するものとします。当該トラブルについて当社らの責めに帰すべき事由があった場合であっても、その責任の範囲は通常生ずべき損害(逸失利益等を除くものとします)に限られます。ただし、当該トラブルの発生が当社らの故意または重大な過失に起因するものである場合は、本項に定める損害賠償額の上限や責任制限に係る規定は適用されません。
  3. ユーザーの本規約に違反する行為によって、当社らまたは第三者が損害を被った場合、当該ユーザーは、自己の責任と費用をもって、当該損害の一切を賠償しなければなりません。

第11条 (変更・中断等)

  1. 当社らは、以下の各号に掲げる場合、本サービスの全部または一部の提供を、ユーザーへの予告なく中断することができます。
    1 定期的または緊急に、本サービスの提供のためのシステムの保守または点検を行う場合(第三者提供サービスの仕様変更に伴う場合を含みます。)
    2 火災、停電その他の事故または天災地変等の非常事態により、本サービスの提供が困難または不能となった場合
    3 戦争、内乱、暴動、騒擾、感染症の蔓延、労働争議等により、本サービスの提供が困難または不能となった場合
    4 本サービスの提供のためのシステムの不良および第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルスの感染等により本サービスの提供が困難または不能となった場合
    5 法令等に基づく措置により、本サービスの提供が困難または不能となった場合
    6 本サービスの正常な運用、情報セキュリティの維持等のため緊急に保守等の実施が必要となる場合その他当社らが止むを得ないと判断した場合
  2. 当社らは、本サービスの全部または一部を、ユーザーへの予告なく改訂、追加、変更または廃止することができ、これに起因してユーザーまたは第三者に損害が発生した場合であっても、当社らは、賠償責任を負わないものとします。
  3. 前二項に基づく本サービスの一部変更または停止について、当社らは、名目の如何を問わず、ユーザーに対する損害賠償責任を負わないものとします。
  4. 当社らの故意または重大な過失に起因して第1項第1号、第4号または第6号に定める事由が生じたことにより当社らが本サービスを中断した場合は、前項に定める当社らの責任制限に係る規定は適用されません。

第12条 (停止)

  1. 当社らは、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当すると当社らが判断したときは、ユーザーに対する事前の通知を行うことなく、本サービスの全部または一部の提供を停止することができるものとします。
    1 第6条(本契約の成立)第3項各号のいずれかに該当するとき。
    2 第三者による本サービスの利用に支障を与えるまたはそのおそれのある行為があったとき。
    3 その他本規約に違反したとき。
    4 ⅾアカウント規約に定める「dアカウントの停止、中断等」、dポイントクラブ会員規約に定める「利用停止等」または、dポイントクラブ特約に定める「機能停止・資格の取り消し」のうち機能停止に係る事項の適用対象となる各事由に該当したとき。
    5 その他当社らの業務の遂行上支障があるとき。
  2. 当社らは、ユーザーに対し、前項の措置に替えて、または前項の措置とともに、期限を定めて当該事由を解消することを求めることができるものとします。ただし、本項の定めは、当社らが第13条(当社らが行う本契約の解除)に基づき本契約を解除することを妨げるものではありません。

第13条 (当社らが行う本契約の解除)

当社らは、ユーザーが以下の各号の一に該当すると当社らが判断したときは、何らの催告を行うことなく、直ちに本契約の全部または一部を解除し、被った損害の賠償を請求することができるものとします。
1 本契約の申込内容が事実に反していることが判明したとき。
2 第12条(停止)第1項各号に定める事由のいずれかに該当するとして、本サービスの提供が停止された場合において、当該事由が当社らの業務に支障を及ぼすおそれがあるとき、または当社らが指定する期限までに当該停止の原因となった事由を解消しないとき。
3 本規約に基づく義務を履行する見込みがないと認められるとき。
4 当社らに重大な危害若しくは損害を及ぼしたとき、またはそのおそれがあるとき。
5 ⅾアカウント規約に定める「dアカウントの失効等」のうちドコモによるdアカウントIDの失効に係る事項、dポイントクラブ会員規約に定める「会員資格の喪失事由等」、またはdポイントクラブ特約に定める「機能停止・資格の取り消し」のうち資格の取り消しに係る事項の適用対象となる各事由に該当したとき。
6 その他本サービスの提供を継続できないと認められる相当の事由があるとき。

第14条 (通知)

  1. 当社らは、本サービスに関するユーザーへの通知を、次の各号に掲げるいずれかの方法により行うことができるものとします。
    1 ユーザーによりリクルートIDとして登録されているメールアドレスへの電子メールによる通知
    2 ユーザーによりdアカウントのIDとして利用されているメールアドレスまたはdアカウント規約に基づく連絡先メールアドレスとして登録されているメールアドレスへの電子メールによる通知
    3 その他当社らが適当と判断する方法
  2. 前項各号に掲げる方法によるユーザーへの通知は、当社らが前項に定める通知を発した時点になされたものとみなします。
  3. 当社らは、第1項各号に掲げる方法のほか、リクルートIDサービスのサービスサイト上にその内容を掲載することをもって、本サービスに関するユーザーに対する通知に替えることができるものとします。この場合、当社らが当該通知内容をリクルートIDサービスのサービスサイト上に掲載した時点をもって当該通知がユーザーに対してなされたものとみなします。

第15条 (譲渡禁止)

  1. ユーザーは、本規約に別段の定めがある場合を除いて、当社の事前の書面による承諾なしに、本規約により生じた権利義務を、第三者に譲渡し、貸与し、または担保に供することはできないものとします。
  2. 当社らは、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本契約上の地位、本規約に基づく権利義務並びに本サービスの提供に関してユーザーから取得する情報及び本サービスの提供に際してユーザーから同意を取得のうえドコモとリクルート間で提供しあうユーザーの情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につきあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第16条 (反社会的勢力排除)

  1. ユーザーは、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および、以下の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    1 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. ユーザーは、自らまたは第三者を利用して以下の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
    1 暴力的な要求行為
    2 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
    5 その他前各号に準ずる行為
  3. 当社らは、ユーザーにおいて前各項に反する事情がある場合またはそのおそれが高い場合には、何ら催告なく、直ちに本契約を解除できるものとします。なお、当社らは、当該解除によってユーザーに損害が生じた場合であっても、その賠償の責を負わないものとします。

第17条 (規約の変更)

  1. 当社らは、以下のいずれかに該当する場合は、ユーザーへ当社らが適切と判断した方法にて公表または通知することにより本規約を変更することができるものとし、変更日以後はこれらが適用されるものとします。
    1 本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき。
    2 本規約の変更が、本契約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
  2. ユーザーは、前項に基づく本規約の変更内容に同意いただけない場合は、変更の通知または公表後、当社らの定める期間内(期間の定めのない場合は効力発生時期まで)に当社らの定める方法に従ってID連携解除の手続をすることにより、本契約を解除することができるものとします。
  3. 第1項の本規約の変更に伴いユーザーに何らかの損害が生じた場合であっても、当社らは当該損害に対し責任を一切負わないものとします。

第18条 (残存効)

本契約が終了した後も、第10条(責任)、第11条(変更中断等)第3項、第13条(当社らが行う本契約の解除)、第15条(譲渡禁止)および第19条(準拠法・合意管轄)の定めは、なお有効に存続するものとします。

第19条 (準拠法・合意管轄)

  1. 本規約の準拠法は、日本法とします。
  2. 本規約に関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
2021年5月24日 作成・施行